×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

流行りを意識したダイエット成分図鑑-徹底解明サイト

なぜダイエットに繋がるのか。なぜ売れているのか。

ようこそ^^ダイエット成分図鑑へようこそ。
こちらはダイエットに関する情報をご提供しています。※成分のみとなります。
まず、ご注意頂きたいのは効果効能を謳っているからと、必ずしも効くとは限りません。
また、リンク先は全て安心出来る企業様のみとなっておりますが、購入の際は企業様にご相談くださいませ。

 ”イミダゾール 関連項目を見る”

”TV通販でイミダ ドリンク!!"topics

早々と取り上げられています。


アンカーFAや、イミダペプチド240などが人気で主流となりつつありますが”アンカーFA”タイプの方は、アンチエイジング・疲労回復に効果があると言われているアンセリン-カルノシン(イミダゾールジペプチド)が400mg含まれ、さらに「ビタミンC」、「フェルラ酸」の3種類の抗酸化成分が入っています。「アンカーFA」は、鶏肉の味を感じさせないフルーツ風味の健康ドリンクです。

一方、イミダペプチド240は産官学連携研究プロジェクトから生まれた「鶏胸肉抽出イミダゾールジペプチド ドリンクです。 1本30ml中にイミダペプチド240mg、フェルラ酸12mg、ビタミンC180mgが含まれています。

”手軽に疲労を回復させる!!"topics

テレビではこんな風に言っていました。


疲労回復の特集が放送されていました。最近、疲れの蓄積は人体に大きなダメージを与えるということが分かってきたそうです。生活習慣病(高血圧・脳溢血・糖尿病・心臓病など)のほとんどが疲労と関係しているらしい。疲労をスッキリ回復することで、日々の生活が楽しくなるだけでなく、将来的にも病気にならない体になっているので大事ですね。

ドリンク以外でも、イミダゾールジペプチドはスープで摂取するのが一番!


先のページにもあったように『イミダゾールジペプチド』は200〜400mgを毎日摂取するのが理想とされています。では、たとえば400mgを摂取するのに必要な食材とその量は?
実は、とても身近な食材にイミダゾールジペプチドは含まれています。その食材は「鶏胸肉」です。鶏胸肉のおよそ60〜100gに、400mg分の『イミダゾールジペプチド』が含まれているのです。しかし、どんな食べ方でも『イミダゾールジペプチド』を摂取できるかというと、そうではありません。『イミダゾールジペプチド』を摂取するのに一番適したメニューは鶏胸肉をじっくり煮込んだ「スープ」です。鶏胸肉を熱水で約30分煮込むことで『イミダゾールジペプチド』がスープに抽出されます。みんなでおいしく鶏胸肉を食べて、『イミダゾールジペプチド』で疲労に強いカラダを目指しましょう。

イミダゾールジペプチドのサプリを購入する→
▽ イミダペプチドソフトカプセル
▽ イミダゾールジペプチド濃縮180粒
▽ イワシエース
▽ イミダゾールジペプチド粒EX
▽ イミダペプチドドリンク イミダペプチド240